オープンキャンパス

フランス国公立美術学校のオープンキャンパスについて

春が近づくと、フランスの国公立美術学校ではオープンキャンパスの季節。内容や日程は学校によって異なりますが、大体1月〜3月の間でしょうか。

The Art Ageとしては、できればオープンキャンパスを覗いてみることをお勧めします。以下がその理由。

  1. 学校の雰囲気、アトリエがあればその様子、機材類の設備など、普段は見ることができない部分を自分の目で確かめることができる。
  2. 学生の作品を展示しているので、その学校の得意分野(グラフィックか、絵画か、など)や傾向がわかる。
  3. 入学したらその街に数年住むことになるので、街の様子を知っておいて損はなし。
  4. 入学試験当日に、学校や滞在先の場所、そして学内の各部屋の位置がわかっているだけで、緊張感が少しゆるぐ。

日本から受験する場合はオープンキャンパスと入試で2度も渡仏するのは確かに大変ですが、決して無駄ではないと思います。日程がうまく合えばいくつかの学校を見て回ることも可能な訳ですから。

年が明けてから初夏までは、オープンキャンパス、書類提出、入学試験と怒濤の日々が始まります。複数校受験する場合は、なおさら。でもあわてずに、じっくりと学校選びをしましょう。面接でも説得力が違ってきます。

オープンキャンパスについての詳しい情報が欲しいけど、どうやって調べたらいいのかわからない!という方。The Art Ageがお手伝いします。Aboutタブにある ContactページへGo!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中